Misc

math.inc.phpプラグインを用いることにより、簡単にLatex形式の数式をウェブ上に書くことができます.

以下の式はmath.inc.phpプラグイン(配布元)を使って書かれています.

ソースは

&math(\color{blue}\frac{\dd y_i}{\dd t}=y_i(r_i+\sum_j^N b_{ij}y_j)\quad (i,j=1,2,\ldots, N));

です.math.inc.phpのソースを見ると、phpからlatex, dvips, ps2epsi, convertを次々と呼び出して透過型GIF画像を生成していることがわかります.Mac OS X上では、Latex Equation Editor (LEE)という式画像を生成するツールがあり、Keynoteなどのプレゼンテーションツールに式を貼付けるのに重宝していますが、Web上で式を書くのにはこちらの方が圧倒的に便利です.

これまでわたしは、LEEで作った数式をメールに添付して自分に送り、研究ノートとして自分専用のメールサーバに置くということをしてきました.ここにも書いたように、Mac OS XのMail.appは画像をインラインでレンダリングしてくれるので、メーラを研究ノートとして使ってきたわけですが、LEEの場合、Latexソースを論文等で再利用しようというときに、LEEを起動して式を定義したファイルを読み込む必要がありました.式の数が増えてくると式を定義したファイル名を忘れてしまったりもしたのですが、Pukiwikiで書いておくと、「編集」をクリックするだけでLatexソースが出てくるので、再利用するときにも便利です.もちろんグラフなどの他の一般的な画像も簡単に貼付けられますから、研究ノートにはより理想的な環境であると言えます.また、Pukiwikiを使うと、自分だけでなく共同研究者とノートを共有することが可能になります.これは実はすでに密かに流行っているWikiの使用法の一つなのではないかと思っています.

ただし,困ったことにSafariでは¥(円)や?(バックスラッシュ)がPukiwikiが要求するコードで入らないので,数式の入力だけはCaminoでやっています.

math.inc.phpプラグインの中で

$math = join($aryargs,",");

の下に

$math = preg_replace("/\?/", "\\", $math);

を加えて,Safariが\を?にしてしまうのを強制的に\に戻して使っています.


© Copyright 2013 Kei Tokita, Powered by Pukiwiki.  Last-modified: Sun, 23 Jun 2013 13:50:21 JST (2334d)   リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS