Misc

以下は全て,最後のdel.icio.usに登録した一次情報を解釈した個人的なメモです(私は病理学者でも疫学者でも薬理学者でもありません).個人的な感想にすぎない文言も断定調で書いてあるかも知れません.また,最近ほとんどメンテナンスできていないので,情報が偏ったり古くなったり,全く間違っている可能性もあります.特に,プレパンデミックワクチンの開発や各地方自治体の対策などについては新たな情報があると思います.より正確には一次情報をご参照ください.2009年4月現在メキシコを中心に発生している豚インフルエンザ感染については,WHO厚生労働省感染症情報センターなどの情報をご参照ください.

A型インフルエンザ(H1N1)関連情報まとめ

  • 2009/06/24
  • 2009/06/22
  • 2009/06/20
  • 2009/06/18
  • 2009/06/17
  • 2009/06/16
  • 2009/06/13
  • 2009/06/12
  • 2009/06/11
    • 国内感染548人
    • WHO発表(update 46): 74カ国,感染者27737人,死者141人,警報フェーズ6(パンデミック期,効率よく持続したヒトーヒト感染が確立)
  • 2009/06/10
  • 2009/06/09
  • 2009/06/07
  • 2009/06/05
    • WHO発表(update 44):69カ国,感染者21940人,死者125人,フェーズ6
  • 2009/06/04
  • 2009/06/03
  • 2009/05/31
  • 2009/05/30
  • 2009/05/28
  • 2009/05/26
  • 2009/05/25
  • 2009/05/23
  • 2009/05/22
  • 2009/05/21
  • 2009/05/20
  • 2009/05/19
  • 2009/05/18
    • 国内感染139人
  • 2009/05/17
    • 国内感染84人
    • WHO発表(update 31):39カ国,感染者8480人,Mexico (2895, 66d), USA (4714, 4d), Canada (496, 1d), Costa Rica (9, 1d), Argentina (1), Australia (1), Austria (1), Belgium (4), Brazil (8), China (5), Colombia (11), Cuba (3), Denmark (1), Ecuador (1), El Salvador (4), Finland (2), France (14), Germany (14), Guatemala (3), India (1), Ireland (1), Israel (7), Italy (9), Japan (7), Malaysia (2), Netherlands (3), New Zealand (9), Norway (2), Panama (54), Peru (1), Poland (1), Portugal (1), Republic of Korea (3), Spain (103), Sweden (3), Switzerland (1), Thailand (2), Turkey (1), and the United Kingdom (82).
  • 2009/05/16
    • 国内感染21人.
  • 2009/05/15
    • WHO発表(update 30):36カ国,感染者8451人,死者72人(メキシコ66人,アメリカ4人,カナダ1人,コスタリカ1人),Mexico (2895, 66d), USA (4714, 4d), Canada (496, 1d), Costa Rica (9, 1d), Argentina (1), Australia (1), Austria (1), Belgium (2), Brazil (8), China (4), Colombia (11), Cuba (3), Denmark (1), Ecuador (1), El Salvador (4), Finland (2), France (14), Germany (14), Guatemala (3), Ireland (1), Israel (7), Italy (9), Japan (4), Netherlands (3), New Zealand (9), Norway (2), Panama (43), Peru (1), Poland (1), Portugal (1), Republic of Korea (3), Spain (100), Sweden (2), Switzerland (1), Thailand (2), and the United Kingdom (78).
  • 2009/05/14
    • WHO発表(update 29):34カ国,感染者7520人,死者65人(メキシコ60人,アメリカ3人,カナダ1人,コスタリカ1人),Mexico (2446, 60d), USA (4298, 3d), Canada (449, 1d), Costa Rica (8, 1d), Argentina (1), Australia (1), Austria (1), Belgium (1), Brazil (8), China (4), Colombia (10), Cuba (3), Denmark (1), El Salvador (4), Finland (2), France (14), Germany (12), Guatemala (3), Ireland (1), Israel (7), Italy (9), Japan (4), Netherlands (3), New Zealand (7), Norway (2), Panama (40), Poland (1), Portugal (1), Republic of Korea (3), Spain (100), Sweden (2), Switzerland (1), Thailand (2), and the United Kingdom (71).
  • 2009/05/13
    • WHO発表(update 28):感染者6497人,Mexico (2446, 60d), USA (3352, 3d), Canada (389, 1d), Costa Rica (8, 1d), Argentina (1), Australia (1), Austria (1), Brazil (8), China (4, comprising 2 in China, Hong Kong Special Administrative Region, and 2 in mainland China), Colombia (7), Cuba (1), Denmark (1), El Salvador (4), Finland (2), France (14), Germany (12), Guatemala (3), Ireland (1), Israel (7), Italy (9), Japan (4), Netherlands (3), New Zealand (7), Norway (2), Panama (29), Poland (1), Portugal (1), Republic of Korea (3), Spain (100), Sweden (2), Switzerland (1), Thailand (2), and the United Kingdom (71).
    • WHO発表(update 27):33カ国,感染者5728人,Mexico (2059, 56d), USA (3009, 3d), Canada (358, 1d), Costa Rica (8, 1d), Argentina (1), Australia (1), Austria (1), Brazil (8), China (3, comprising 1 in China, Hong Kong Special Administrative Region, and 2 in mainland China), Colombia (6), Cuba (1), Denmark (1), El Salvador (4), Finland (2), France (13), Germany (12), Guatemala (3), Ireland (1), Israel (7), Italy (9), Japan (4), Netherlands (3), New Zealand (7), Norway (2), Panama (29), Poland (1), Portugal (1), Republic of Korea (3), Spain (98), Sweden (2), Switzerland (1), Thailand (2), and the United Kingdom (68).
  • 2009/05/12
    • WHO発表(update 26):感染者5251人,死者61人((メキシコ56人,アメリカ3人,カナダ1人,コスタリカ1人),Mexico (2059, 56d), USA (2600, 3d), Canada (330, 1d), Costa Rica (8, 1d), Argentina (1), Australia (1), Austria (1), Brazil (8), China (2, comprising 1 in China, Hong Kong Special Administrative Region, and 1 in mainland China), Colombia (3), Denmark (1), El Salvador (4), France (13), Germany (12), Guatemala (1), Ireland (1), Israel (7), Italy (9), Japan (4), Netherlands (3), New Zealand (7), Norway (2), Panama (16), Poland (1), Portugal (1), Republic of Korea (3), Spain (95), Sweden (2), Switzerland (1) and the United Kingdom (55).
    • 新型の致死率0・4% 季節性インフルより強い感染力
  • 2009/05/11
    • WHO発表(update 25):30カ国,感染者4694人,死者53人(メキシコ48人,アメリカ3人,カナダ1人,コスタリカ1人),Mexico (1626, 48d), USA (2532, 3d), Canada (284,1d), Costa Rica (8, 1d), Argentina (1), Australia (1), Austria (1), Brazil (8), China (2, comprising 1 in China, Hong Kong Special Administrative Region, and 1 in mainland China), Colombia (3), Denmark (1), El Salvador (4), France (13), Germany (11), Guatemala (1), Ireland (1), Israel (7), Italy (9), Japan (4), Netherlands (3), New Zealand (7), Norway (2), Panama (15), Poland (1), Portugal (1), Republic of Korea (3), Spain (95), Sweden (2), Switzerland (1) and the United Kingdom (47).
  • 2009/05/10
    • WHO発表(update 24);感染者4379人,死者49人(メキシコ45人,アメリカ2人,カナダ1人,コスタリカ1人), Mexico (1626, 45d), USA (2254, 2d), Canada (280, 1d), Costa Rica (8, 1d), Argentina (1), Australia (1), Austria (1), Brazil (6), China, Hong Kong Special Administrative Region (1), Colombia (1), Denmark (1), El Salvador (2), France (12), Germany (11), Guatemala (1), Ireland (1), Israel (7), Italy (9), Japan (4), Netherlands (3), New Zealand (7), Panama (3), Poland (1), Portugal (1), Republic of Korea (3), Spain (93), Sweden (1), Switzerland (1) and the United Kingdom (39).
  • 2009/05/09
    • WHO発表(update 23):29カ国,感染者3440人,死者48人(メキシコ45人,アメリカ2人,カナダ1人),Mexico (1364, 45d), USA (1639, 2d), Canada (242, 1d), Argentina (1), Australia (1), Austria (1), Brazil (6), China, Hong Kong Special Administrative Region (1), Colombia (1), Costa Rica (1), Denmark (1), El Salvador (2), France (12), Germany (11), Guatemala (1), Ireland (1), Israel (7), Italy (6), Japan (3), Netherlands (3), New Zealand (5), Panama (2), Poland (1), Portugal (1), Republic of Korea (3), Spain (88), Sweden (1), Switzerland (1) and the United Kingdom (34).
  • 2009/05/09
    • CDC発表:アメリカ感染者1639人,
    • WHO発表(update 22):25カ国,感染者2500人,死者46人(メキシコ44人,アメリカ2人), Mexico (1204, 44d), USA (896, 2d), Austria (1), Brazil (4), Canada (214), China, Hong Kong Special Administrative Region (1), Colombia (1), Costa Rica (1), Denmark (1), El Salvador (2), France (12), Germany (11), Guatemala (1), Ireland (1), Israel (7), Italy (6), Netherlands (3), New Zealand (5), Poland (1), Portugal (1), Republic of Korea (3), Spain (88), Sweden (1), Switzerland (1) and the United Kingdom (34).
  • 2009/05/08 WHO発表(update 21):感染者2384人
    • Mexico (1112, 42d), USA (896, 2d), Austria (1), Canada (214), China, Hong Kong Special Administrative Region (1), Colombia (1), Costa Rica (1), Denmark (1), El Salvador (2), France (5), Germany (10), Guatemala (1), Ireland (1), Israel (6), Italy (5), Netherlands (2), New Zealand (5), Poland (1), Portugal (1), Republic of Korea (3), Spain (81), Sweden (1), Switzerland (1) and the United Kingdom (32).
  • 2009/05/08 WHO発表(update 20):24カ国,感染者2371人
    • USA(892, 2d)
  • 2009/05/07 WHO発表(update 19):感染者2099人,死者44人(メキシコ42人,アメリカ2人)
    • Mexico (1112, 42d), USA (642, 2d), Austria (1), Canada (201), China, Hong Kong Special Administrative Region (1), Colombia (1), Costa Rica (1), Denmark (1), El Salvador (2), France (5), Germany (9), Guatemala (1), Ireland (1), Israel (4), Italy (5), Netherlands (1), New Zealand (5), Portugal (1), Republic of Korea (2), Spain (73), Sweden (1), Switzerland (1) and the United Kingdom (28).
  • 2009/05/07 WHO発表(update 18):23カ国,感染者1893人,死者31人(メキシコ29人,アメリカ2人)
    • Mexico (942, 29d), USA (642, 2d), Austria (1), Canada (165), China, Hong Kong Special Administrative Region (1), Colombia (1), Costa Rica (1), Denmark (1), El Salvador (2), France (5), Germany (9), Guatemala (1), Ireland (1), Israel (4), Italy (5), Netherlands (1), New Zealand (5), Portugal (1), Republic of Korea (2), Spain (73), Sweden (1), Switzerland (1) and the United Kingdom (28).
  • 2009/05/06 スウェーデン,グアテマラ,アメリカ死者2人,WHO発表:22カ国,感染者1516人,死者30人(メキシコ29人,アメリカ1人)
    • Mexico (822, 29d), USA (403, 1d), Austria (1), Canada (165), China, Hong Kong Special Administrative Region (1), Colombia (1), Costa Rica (1), Denmark (1), El Salvador (2), France (4), Germany (9), Guatemala (1), Ireland (1), Israel (4), Italy (5), Netherlands (1), New Zealand (6), Portugal (1), Republic of Korea (2), Spain (57), Switzerland (1) and the United Kingdom (27).
  • 2009/05/05 WHO発表:21カ国,感染者1124人,死者26人(メキシコ25人,アメリカ1人)
  • 2009/05/04 WHO発表:18カ国,感染者898人
  • 2009/05/03 イタリア,WHO発表:16カ国,感染者787人,死者20人(メキシコ19人,アメリカ1人)
  • 2009/05/02 デンマーク,フランス,韓国,WHO発表:15カ国,感染者615人
  • 2009/05/01 メキシコ死者(Influenza A(H1N1)確定分)12人.香港,WHO発表:11カ国,感染者331人,死者10人(メキシコ9人,アメリカ1人)
  • 2009/04/30 メキシコ死者176人,フェーズ5,オランダ,ペルー,スイス,WHO発表:9カ国,感染者154人,死者8人
  • 2009/04/29 メキシコ死者159人,アメリカ1人,コスタリカ,ドイツ,オーストリア,WHO発表:7カ国,感染者105人,死者8人
  • 2009/04/28 メキシコ死者152人, フェーズ4,スペイン,イスラエル,スコットランド
  • 2009/04/27 メキシコ死者103人, アメリカ,カナダ,ニュージーランド
  • 2009/04/26 メキシコ死者81人
  • 確定サンプル数が少ないのでまだ何とも言えないが,現状での死亡率2%(=30/1490)はアジアかぜよりは一桁高い.
  • WHO日本サイト 情報が遅すぎる
  • 症状の特徴;「メキシコの担当者から、重症例の臨床症状について発表があった。まず全身感染ではなく、肺炎であること。肺炎は、主にインフルエンザウイルスによる肺炎であるが、中には細菌による2次感染も見られること。さらに患者の25%程度に下痢の症状が見られたこと―などが特徴として報告されたという」<< 米国初の死亡例、基礎疾患で「免疫的に問題があった」
  • 新型インフル:ウイルスは弱毒性 田代WHO委員 アジア風邪程度ならば,鳥インフルエンザ(H5N1)と死亡率がおおざっぱに2桁違うとして,国内死亡者は多くて10万人程度(季節性インフルエンザの10倍程度)で済むかもしれない.
  • メキシコ死亡者の年齢分布(20代-40代の青年層が多い)はサイトカインストームを思わせるが,メキシコ以外ではいまのところ死者の報告なし.メキシコでは空気感染しない他の熱帯性感染症との重感染の可能性も? << 感染研「豚インフルエンザには不明な点がまだ多い」
  • 情報は有料の経済関連ニュースが一番早い(フェーズ4格上げも4/27深夜の段階で予測報道されていた)

新型インフルエンザ(H5N1亜型)関連情報

厚生労働省の試算によると,日本国内において全人口の25%が新型インフルエンザに罹患し,感染の拡大が8週間続くとした場合に,外来及び入院患者は最大で約2500万人,死亡者数は最大で約16万人にのぼる.オーストラリア・ロウィー研究所試算では日本国内で最大210万人死亡.全世界で1億4200万人死亡.新型インフルエンザは,毎年流行する季節性インフルエンザとは全く異なる,極めて毒性の強い危険な感染症であると認識すべきである.これまでのところ致死率約60%

(2008/3/14) 2008年に入ってからの全世界での感染者数は21人.うち18人死亡.死亡率86%.これまでのような国ごとの差は見られない.治療が手詰まりになっているように思えるが...

  • 厚生労働省
    • 新型インフルエンザ対策関連情報
    • 新型インフルエンザ対策報告書
    • 感染率を25%と仮定するのは過小評価だと思う(人口密度がより低いアメリカでさえ30%が仮定されている.日本人はアメリカ人よりもより感染拡大を防ぐためにより賢く振る舞うとでも?).また,CDCモデルによる死亡率計算(10%未満)は,現状の死亡率6割とあまりにも乖離していないか? (ヒトからヒトに感染する型に変異する際に,弱毒化する可能性も指摘されているらしい.しかし,インドネシアで起こったとされるヒトーヒト間感染では7人発症して6人死亡....そもそも10年前までは専門家の間ですら鳥インフルエンザが人間に感染するなどとは考えられていなかったのだから...)
  • 鳥インフルエンザ直近情報 : 小樽市保健所長 外岡立人氏の新型インフルエンザ・ポータルサイト.一番情報が早い.
    • 最近インドネシア情報および中国情報が海外報道各社から発信されないため,発生者数がわからなくなっているようだ.インドネシアはWHOにも情報を送っていない.中国も? 現在は報告されています.
    • 完全なるインフルエンザ対策に向かって 新型インフルエンザの脅威に備える:簡潔で個人的にできる対策がメイン.一般の人に最初に勧めるのに最適.息子や娘の学校にも回覧してもらおうかと考えている.
    • H5N1亜型発生の統計,マスク着用の意義に関する諸問題など.
    • 以下は上記ページにある感染者数,死亡者数,死亡率をグラフにしたもの.対策が功を奏しているのか感染者総数の倍増傾向が昨年鈍化した反面,低下傾向にあった死亡率が昨年は上昇に転じたのが不気味である.感染拡大はなんとか防いでいるが,感染してしまった者は助けられない,ということか? -> 「早期発見&タミフル治療が可能となったエジプトでの死亡率大幅に減少 昨年56%、今年度19%」 -> 最近のエジプトでの発症例ではタミフルが効果をあげているようだ.一方インドネシアの下がらない死亡率が気になる...
    • (2008/3/13) 2007年分を加えたグラフを新規作成してみた.2007年は感染者数(左図),死亡者数(中)とも減少したが,死亡率(右)は2006年と同じ水準のままである.2008年に入ってからは感染者数21人中18人が死亡しており,死亡率86%(2008/3/14現在).死亡率の高さに国別の違いはない.

zoomzoomzoom

  • http://ja.wikipedia.org/wiki/スペインかぜ: A型インフルエンザウイルス.H1N1亜型.感染率約5割,致死率10%弱.これが弱毒性で,当時飛行機がまだ主要な国際交通機関でなかったことには注意.
    • サイトカインストーム:免疫機能の過剰反応により、白血球がサイトカインを異常に多く分泌することで全身性の多臓器不全に陥ること.スペインかぜでは通常のインフルエンザとは異なり青年層の死亡率が高かったのが特徴だが,サイトカインストームはその原因とみられている.新型インフルエンザでも,老人や小児だけでなく,体力のある青年層の死亡率が高くなるかもしれない..
    • 日本におけるスペインかぜの精密分析 日本における患者数,死亡者数の年齢分布など.死者が青年層に偏っているのがよくわかる.
  • 一般にインフルエンザが冬期に流行する理由 (ただし夏期にも感染者は発生していることには注意)
    • ドクターQ&A 風邪と温度,湿度の関係は?: 乾燥環境下ではウィルスの周囲の水が蒸発し,軽くなるため長時間漂いやすい.
    • インフルエンザの秘密:寒冷環境下では,鼻・のど・気管などの血管が収縮して線毛の動きが鈍くなり,ウィルスが侵入しやすくなる.
    • 新型インフルエンザは空気感染する可能性が高い(スペインかぜのように).空気感染は普通のマスクでは防げない.普通のマスクで防げるのは飛沫感染のみ.SARSですら確認されているのは飛沫感染だけで,SARSの空気感染は確認されていない.

抗インフルエンザ薬

タミフル

  • オセルタミブル:http://ja.wikipedia.org/wiki/オセルタミビル 
    • 1996年にギリアド・サイエンシズ社が開発した,ノイラミニダーゼ阻害薬(ウィルスの細胞からの遊離を抑制する感染初期に服用してウィルスの体内での増殖を抑える→ウィルスを退治する能力はない).
  • 国立医薬品食品衛生研究所 リン酸オセルタミビル関連情報
  • 横田俊平/横浜市大/異常行動に関する研究報告書 この人をタミフル研究班から外したのは間違いだと思う.同じ大学人だからそう言うのではなく,たった1000万ぽっちで研究者人生を棒に振るリスク(しかも,後で安部英のように殺人罪で訴えられかねない)を取るとは思えないからだ.しかも件の寄付金はもともと厚生労働省の指導で製薬会社から渡されていたものらしい.薬害でなく「役(人)害」である.まともな臨床研究者で製薬会社から研究資金を得ていない人などいないだろう.むしろそのような専門家以外の「利害関係はないが素人同然」の人たちが研究班を構成することの方が問題だ.
  • 洙田靖夫/タミフルもったいない計画
    • タミフルの有効期限は長くて5年 日本政府がパンデミック対策のために独占的な大量備蓄と廃棄を数年間隔で行なうのは現実的ではないのかも知れない.また,1回のパンデミックで耐性株へと進化してしまう可能性もある.
  • 医薬ビジランスセンター浜六郎医師によるタミフルを否定する解説 (薬害タミフル脳症被害者の会ホームページ)
    • タミフルが新型インフルエンザに効果がないという浜氏の見方は間違っている.タミフルがどんな薬かを一般ユーザももっとちゃんと知る必要はある.個人的には,毎年流行する季節性のインフルエンザに対しては使わないが,新型のパンデミックが発生して,家族が感染・発症したと思われる状況になったら使うと思う.強毒性の新型インフルエンザにも有効かどうかは今後の症例をチェックしていく必要があるが,現在世界中で発生しているH5N1型に関して言えば,効果をあげているようだ.(なら,どうして昨年致死率が上昇に転じたのかは不明だが...死亡例についてタミフル使用/非使用を区別する必要があるだろう.最近のインドネシアの死亡例はタミフルが投与されなかったということか?)
    • 現状では新型インフルエンザの予想される致死率に比べれば,一過性の異常行動などリスクとして比較にならない.手足を縛り付けておく.自分も飲んだらそうする.我が家は3階にある.落ち方が悪ければ死ぬ.
  • インフルエンザ治療薬「タミフル」とは? < 「予防効果」のくだりはかなりミスリーディング.感染してしまった後の「発症予防効果(これもかなりミスリーディングか.「症状の軽減効果」というのがより正確かもしれない)」はあるかもしれないが,ワクチンのような「感染予防効果」はない.
    • 鳥インフルエンザ感染鳥処理従事者が予防に毎日飲み続けるという使い方もされているようだが,パンデミック対策として,これを一般の人間が行なうのは経済的にも疫学的にも無意味.耐性株を培養するようなものだろう.
  • リヴァイアさん、日々のわざ:タミフル対策、あなたの考えは:タミフルと異常行動の関係についての最も精確な議論.季節性インフルエンザについてはハイリスク群に対してのみ処方,保険適用外でもいいと思う.8割を日本で無駄に使うのではなく,WHO警戒フェーズが4,5に上がったときに発生地域での確実な封じ込めに有効に使われるような国際協力体制を整えておくことが大切だと思う(最近のエジプトではそれがうまく行っているということか).とりあえずワクチンや代替の抗ウィルス薬が実用化・安定供給されるまではタミフル(とリレンザ)しかない以上,浜医師の言うように承認取り消しなどは現実的な対応とは言えないだろう.季節性インフルエンザに対してだけでなく,それとは全く異なるリスクをもつ新型インフルエンザのパンデミック対策も視野に入れた議論が重要だと思う.現在のマスコミなどの論調には全くこの視点が欠けているのが異様だ.最大の問題は新型インフルエンザのパンデミックが発生したら,少なくとも最初の1週間は季節性のインフルエンザと区別できないため,ハイリスク群(幼児と老齢者)以外への投与を制限すると,逆にサイトカインストームによりハイリスク群以外の死亡率を高めてしまう可能性があることだろう.SARSの状況からの推測に過ぎないが,個人的にはパンデミッックの最初の10日が勝負だと思う.東南アジアの大都市では警戒フェーズ4での押さえ込みに失敗して5に至ってしまう可能性は十分あり得る,その場合には1日遅れ程度で日本の大都市も同じ状況になってしまうだろう.この場合,もしもハイリスク群以外へのタミフル投与を制限していると,A/H5N1亜型であることが判明した段階ではほとんどの日本の大都市の感染者はタミフル投与のタイミングを逃すことになってしまうだろう.
  • タミフル耐性株によるパンデミック第2波については全く議論されていないようだ.おそらく仮定が多すぎて定量的な評価が何もできないからだろう.数理科学的に押さえておく分野かもしれない.-> 菅谷憲夫,日本の新型インフルエンザ対策は万全か 国民の25%を確実に治療できるタミフルの備蓄を, 感染症学雑誌 80 (2006), 8-12に,スペインかぜのときに起きた1年後の第2波についての記述がある.たしかに次のシーズンの大きな波に対してはワクチン製造が間に合うかもしれない.やはり,第1波の立ち上がり部分でどう対応するかが,最も重要だ.SARSに関しては,日本は香港に最も近い国であったのにもかかわらず,先進国中唯一感染者を出さなかった.これは単に運がよかっただけなのか,それとも対策が良かったのか? -> 中西準子氏は,医療水準の高いアメリカでは7人感染して一人も死んでいないので,日本でも感染者はいたものの死んでいないのでSARSと認識されていないだけという可能性を示唆している.一方「井上栄/感染症/中公新書」には日本人特有の性質(部屋で靴を脱ぐ,握手をしない,日本語の発音の仕方,箸を使い手づかみでものを食べない,入浴する,etc)が幸運をもたらしたという記述がある.
  • タミフル服用開始時期と生存率 外岡立人氏によるインドネシア事例の集計(2008/3/4).感染後1日以内なら100%生存.しかし,2−4日で44%というのは,恐ろしい結果だ.インドネシアの死亡率が下がらないのは,タミフルの服用が間に合っていない,ということか.少なくともH5N1変異型に関しては,タミフルは感染直後に服用しなければ効かないと言わざるを得ないようだ.

リレンザ

  • ザナミブル:http://ja.wikipedia.org/wiki/ザナミビル
    • 1989年オーストラリアのビオタ(Biota)社が世界で初めて開発したノイラミニダーゼ阻害薬.
    • A型,B型に有効.C型には無効.
  • 経口投与できない(飲み薬でない).吸入する(そのため即効性がある).
  • タミフルに比べて圧倒的にシェアが低い.これは,錠剤を経口投与できる簡便さからタミフルが選ばれているものと思われる.
  • 従来の抗インフルエンザ薬への耐性株が出現していることから,現在実質的には唯一のタミフル代替薬.タミフルと異常行動との関連から最近注目されていて,医者もこちらを勧めたりして,品薄にもなっているらしい.

ワクチン

  • 岡田晴恵/パンデミック・フルー 新型インフルエンザ Xデー ガイドブック/講談社: これを読むと,新型インフルエンザが季節性インフルエンザと全然違う病気だということがよくわかる.個人的に実行可能な具体的な対策についても記述があり,関係書籍の中ではもっとも平易に書かれているので,親戚などに勧めるのに好適.
  • 外岡立人/[新型インフルエンザ・クライシス/岩波書店:著者が運営する「鳥インフルエンザ直近情報」がまとめられたブックレット.日本ではほとんど報道されなかった諸外国における発生状況が詳細に追跡されている.
  • 河岡義裕/インフルエンザ危機/集英社新書:インフルエンザウィルス研究の最前線の話(リバースジェネティクス=ウィルス人工合成)がおもしろい.
  • 井上栄/感染症/中公新書:日本人のSARS患者がゼロだったのはなぜか,など.インフルエンザ以外の感染症についても興味深い.感染者がマスクをすることの効用も強調されている.性感染症についても書かれており,高校生以上必読の書であるといえる.

考察

死亡率

  • 厚生省予測16万人死亡は,日本全人口約1億2600万人の0.12%強.これはおおざっぱには,1年間にガンで死ぬ確率の半分,心臓病のそれとほぼ同じ,脳血管疾患の2割増し,肺炎の5割増し,不慮の事故の3倍,自殺の4倍程度ということになる.よって,成人病+事故+自殺で死ぬリスクは新型インフルエンザのパンデミックが一発起こる場合の4倍以上なので,新型インフルエンザのパンデミックの周期は30年以上でもあるから,大人は成人病対策が第一.
  • ロウィー研究所(オーストラリア)の試算では,日本死亡者数は最大で210万人.全人口に対する死亡率1.6%.うちの官舎は80世帯.1世帯4人家族で総数320人とすると,5件ほど葬式が出る勘定.そう考えるとかなりの確率ではある(ここに7年住んでまだ住人の葬式は出ていない).(ちなみに太平洋戦争時の総死者数が兵員230万人,一般市民80万人)
  • 厚生省予測にしても,ロウィー研予測にしても,現在のA/H5N1亜型のような強毒型(致死率6割)が弱毒化せずにヒト型に変異して,パンデミックが起るとは想定していない.これは科学的に妥当な仮定なのだろうか? 調べてみる必要がある.-> WHO報告によれば,弱毒化は単なる希望的推測にすぎない.
    • 強毒型(致死率6割)のままヒト型に変異して感染率がスペインかぜ並み(5割)だったら,人類の3割死亡ということになってしまう.考えたくもないが,うちは4人家族なので,葬式を1件は出す勘定だ.
  • おそらく一回目のパンデミックでタミフル耐性株が出てきてしまうだろう.タミフル耐性株による第2波などについてシミュレーションされているのだろうか? これも要調査.

ウイルスの性質

  • 鳥型インフルエンザウイルスのポリメラーゼは比較的高温(鳥の体温〜42度程度)で活性が最大だが,トルコの患者から分離されたH5N1鳥インフルエンザは,より低温(人間の体温〜36度程度)でも十分な活性を持つように変異していた.さらに,鳥の細胞よりも人間の細胞のレセプターに結合しやすいようにHA遺伝子が変異していたらしい.
  • 結膜の細胞上にも鳥インフルエンザウイルスが結合しやすいレセプターがあるらしい(死んだ鳥を処分する作業従事者がマスクだけでなくゴーグルをするのはそのため).

疫学

  • 季節性インフルエンザの感染者数の各週ごとの変化とSARSにおける推定感染者数の変化(http://ja.wikipedia.org/wiki/画像:SARS_stat.png)はほぼ同じに見える.両者とも感染の大半は12週間の間に集中している.古典的なSIRモデルの予測に合っているように思える.おそらく新型インフルエンザの場合には,就業制限や学級閉鎖により(東大生産研合原グループの理論モデルにより効果が示されている)全体の概形はかなりなめらかになるかもしれない.問題は,そのような応答が現れる前の最初の立ち上がり部分に自分や家族が入らないようにすること.例えば,国内感染者第1号発表前の1週間に全感染者の5%(SARSや季節性インフルエンザの感染者数変化から多くてこの程度?)が感染するとすれば,全体の感染率を3割とすると,全国民の0.3*0.05*100=1.5%が「報道発表前感染者」の割合になる.最初の感染者が東京,大阪などの大都市だとしても,この割合ならば,電車通勤を避ければ「報道発表前感染」は避けられそうな気もしないでもない...-> すさまじくおおざっぱな算数だが,この見積もりよりも初期感染者数の立ち上がりが早かったら(1週間で5%以上).ほとんどの対策(就業制限,学級閉鎖,タミフル投与)は実質的に間に合わないだろう.
  • 通勤などの長距離移動が感染拡大の主要ファクターであることは実証されているようだ.
  • パンデミックに関しては,満員電車,学校の他にも,病院に患者が殺到することによる「院内感染」のファクターも考慮したモデルの解析が必要かもしれない.
  • 「河岡義裕/インフルエンザ危機」によれば,取りやめになったインフルエンザワクチンの集団学同接種は,子供(学校)を介したハイリスク群(老齢者)の死亡率低下には寄与していたようだ.学校はパンデミックのハブになる可能性が高い.
  • 成田空港,関西空港へのある日の乗入便数
    成田空港関西空港
    上海2222
    北京149
    バンコク258
    シンガポール155
    ジャカルタ21

2007年4月現在,インドネシアがのべ患者数死者数ともに最多なのでインドネシアからの人の流れが最も警戒されるかと思ったが,ジャカルタからの直行便は毎日1,2便しかないので,ジャカルタでフェーズ4,5になっても,日本への飛び火はそれほど早くはないかもしれない.よって,インドネシアの動向はそれほど気にしなくてもよいのかもしれない.むしろ中国の情報は要チェック.総感染者数はベトナム,インドネシアの1/3以下だが,ベトナムの感染者数が減少傾向にあるのに対して,中国の感染者数は増加傾向にある.

  • SARSの場合公式には日本の感染者数はゼロだった.これを日本の水際対策の勝利と単純に考えることはできないかもしれない.中西準子氏は,医療水準の高いアメリカでは7人感染して1人も死んでいないので,日本でも感染者はいたものの死んでいないのでSARSと認識されていないだけという可能性を示唆している.なんにせよ,新型インフルエンザはSARSよりも感染力が強いことが予想されるので,東南アジアのどこかの大都市で流行すれば,SARSのように国内感染者ゼロということにはならないだろう.

個人的な対策?

  • 潜伏期間は2−8日.シミュレーションでは都内に感染者が1人出ると1週間で関東全域(おそらく全国)に感染が拡大する.大阪の中心を通って通勤する者としては,国内患者発生の報道を見てから外出を控えるのでは手遅れになる可能性がある.最初の感染者が大阪で,感染確認されるまでに1週間とすると,報道されるまで3日間程度はウイルスが浮遊する阪神電車・阪急電車に乗り,梅田地下街を通勤時に歩くことになる.冬期は自動車通勤にするべきか.
  • インフルエンザの主要な感染経路は学校である.2006-2007年の通常のインフルエンザ様疾患の学校におけるのべ患者数は全生徒の4割を超えている.新型インフルエンザのパンデミックが発生した場合,うちの子供2人のうちどちらかが学校(&通学経路)からもらってくることになる可能性が高い.少なくとも冬期は一日中N95マスクをしたまま学校にいるようにさせる必要があるか? 国内感染者発表があったらしばらくは学校は休ませる.
  • 厚生省予測ではパンデミッックは8週間を想定している.最低でも一ヶ月の食料を備蓄しておくべきだろう.最悪の場合にはライフラインの停止もあり得るので,水とカセットコンロなども備蓄しておく必要があるだろう.N95マスクとゴーグルも用意しておく必要がある.
  • 通勤時の満員電車や校内感染のファクターも大きいと思うが,慌てて子供を病院に連れて行って,自分がもらってくる「院内感染」のファクターも大きいかもしれない.パンデミック時には医者に行かないという前提で対応を計画しておく必要があるかもしれない.
  • タミフルを子供の2人分程度は個人的に備蓄しておく必要があるかも知れない.知り合いの医者も密かに個人的に備蓄しているようだ(とりあえず最初のパンデミックをそれでやりすごす).
  • 人混みになるべく近づかないようにする.パンデミックが発生した場合,ほとんどの患者(特に都市近郊在住者)は自分の症状が現れてからテレビなどで最初の報道を目にすることになるはず. -> 国内第1号感染者発表時に感染している割合は,むちゃくちゃ多く見積もっても全国民の1%程度か? 大都市圏以外は知らないうちに感染しているリスクはほぼないといってよい.おそらく,第1号感染者と同じ満員電車に乗る就業者,その家族,さらに同じオフィスの就業者とその家族,くらいか? やはり我が家の場合は,子供が学校からもらってくる可能性が一番高い.

Linkrolls of my del.icio.us w/tag 'influenza'

(Recent 100 bookmarks)


添付ファイル: fileDeaths2007.png 1526件 [詳細] fileDeaths.gif 1335件 [詳細] fileDeathRate2007.png 1521件 [詳細] fileDeathRate.gif 1308件 [詳細] fileCases2007.png 1567件 [詳細] fileCases.gif 1325件 [詳細]

© Copyright 2013 Kei Tokita, Powered by Pukiwiki.  Last-modified: Sun, 23 Jun 2013 13:50:23 JST (2339d)   リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS