**研究会・講演会 [#n3d9589b]
 
 
 COLOR(#888888){2015年}
 - Joint Workshop of International Institute for Applied Systems Analysis (IIASA) & Research Institute for Humanity and Nature (RIHN: 総合地球環境学研究所) at IIASA 3/27(Fri)/2015, International Institute for Applied Systems Analysis (IIASA), Laxenberg, Austria.
 -- ''Kei Tokita'', &color(maroon){"Statistical mechanics of a random community model"};, Invited.
 
 - 国際高等研究所(IIAS)・研究プロジェクト「総合コミュニケーション学」第2回研究会,  国際高等研究所(IIAS) , 3/5(Thu)-6(Fri)/2015
 -- ''時田恵一郎'', &color(maroon){"コミュニケーションの本質とは何か"};, 招待講演
 - 首都大学東京 大学院理工学研究科 生命科学専攻 公開セミナー 2/13(Thu)/2015
 -- ''時田恵一郎'' , &color(maroon){"食物網モデルにおける動的安定性と多種共存カオス解"};
 -- ''時田恵一郎'' , &color(maroon){"食物網モデルにおける動的安定性と多種共存カオス解"};, 招待講演
 
 COLOR(#888888){2014年}
 - [[東京工業大学 大学院理工学研究科・工学部 社会工学専攻・社会工学科 ゲーム理論セミナー:http://www.soc.titech.ac.jp/info/news/detail_249.html]]&br;
 11/13(Thu)/2014
 -- ''Kei Tokita'' (Department of Complex Systems Science, Graduate School of Information Science, Nagoya University)
 -- &color(maroon){Statistical Mechanics of Large-Scale Game Dynamical Equations with Random Payoff Matrix}; 
 -- If we investigate the number and populations of species in an ecosystem, we can observe universal characteristic patterns, the species abundance patterns, such as species abundance distributions (SAD), species-area relationships, etc. How to clarify the mechanisms underlying those patterns has been one of the "unanswered questions in ecology in the last century (1} although the knowledge obtained from it would affect vast areas of ecology including conservation ecology. Various "statistical descriptors" such as the exponential distribution, the log-normal distribution, the power-law, etc., have been applied to ecosystem communities (2}, but the mechanisms to generate those patterns based on the realistic population dynamics have not been fully clarified. Starting from the so-called "diversity-stability" debate (3} on the classical and controversial study on a linear system with random interactions (4), I sketch a recent statistical mechanical approach to the effects of the parameters of the interaction (payoff) matrix (variance, connectivity, intraspecific competition and the level of symmetry), the higher order interactions and the effects of variability of resources on the stability species' coexistence and SAD of a large-scale game dynamical equations with random payoff matrix (5).&br;
 &br;
 (1) R. M. May, Philos. Trans. R. Soc. London B 264, 1951 (1999).&br;
 (2) R. M. May, in Ecology and Evolution of Communities, edited by M. L. Cody and J. M. Diamond	(Belknap, Cambridge, 1975), pp. 81-120; H. Irie and K. Tokita, Int. J. Biomath. 5, 1260025 (2012).&br;
 (3) K. S. McCann, Nature 405, 228-233 (2000).&br;
 (4) R. M. May, Nature 238, 413 (1972). &br;
 (5) K. Tokita, Phys. Rev. Lett. 93, 178102 (2004); Y. Yoshino, T. Galla and K. Tokita, J. Stat. Mech. P09003 (2007); Y. Yoshino, T. Galla and K. Tokita, Phys. Rev. E. 78, 031924 (2008).&br;
 
 
 - [[ネットワーク生態学研究会第11回シンポジウム夏の学校:http://www.neteco.jp/symposium/201409]] &br;
 湘南国際村センター, 9/4(Thu)-5(Fri)/2014.
 -- ''時田恵一郎'', &color(maroon){"ネットワーク科学と多様性の科学の交わり 〜 サンプリング,中立理論,相互作用,個体数分布などの観点から 〜"};, 招待講演.
 -- Stumpf, Wiuf & Mayの論文の補足ノート &ref{Stumpf_etal_PNAS_102_4221-4224_2005_TeXNote20140911.pdf};
 
 - [[Theoretical Science Colloquium:http://theoreticalscience.info/]], [[iTHES (interdisciplinary Theoretical Science Research Group):http://ithes.riken.jp/]], RIKEN, 1/31(Fri)/2014
 -- ''Kei Tokita'',  &color(maroon){"An answer to the "diversity-stability debate" in community ecology"};, Invited
 --- [[iTHES News Letter, Vol.17:http://ithes.riken.jp/newsletter/vol17.html]]
 --- [[iTHES News Letter, Vol.18:http://ithes.riken.jp/newsletter/vol18.html]]
 
 COLOR(#888888){2013年}
 
 - [[個体群生態学会, 大阪府大, 10/12(Sat)-13(Sun)/2013:http://www.geocities.jp/populecol29/keynotes-j.html]]
 -- ''Kei Tokita'', &color(maroon){"Models of species abundance distributions based on population dynamics"};, Invited
 
 - 津田一郎氏還暦講演会, 北大電子研, 9/17(Tue)-18(Wed)/2013
 
 - ILEK(地球研) 国内全体会議, 釧路, 9/14(Sat)-15(Sun)/2013
 
 COLOR(#888888){2012年}
 
 - [[数学と生命現象の連関性の探求:http://www.math.is.tohoku.ac.jp/~seno/meetings/RIMS2012/MBNW2012.html]], 京都大学数理解析研究所111号室, 12/17Mon-21Fri/2012
 
 - [[情報統計力学の最前線−確率が繋ぐ自然現象と情報処理の数理−:https://groups.google.com/forum/?fromgroups=#!topic/ibisml/z4zS7ivxINM]] &br;東北大学大学院情報科学研究科棟2階大講義室, 仙台, 12/14(Fri)-16(Sun)/2012
 
 - [[第9回「生物数学の理論とその応用」:http://www.sys.eng.shizuoka.ac.jp/~sato/TBMA9th.html]] &br;
 京都大学数理解析研究所 420号室, 11/13(Tue)-16(Fri)/2012
 -- 増田愛, 佐々木顕, ''時田恵一郎'', &color(maroon){"分子擬態と自己免疫疾患の数理モデル"};, Oral
 -- ''時田恵一郎'', &color(maroon){"空間明示中立モデルにおける中立性の破れと群集のパターン"};, Oral
 
 - 大阪大学サイバーメディアセンター大規模計算機システム利用講習会, 大阪大学サイバーメディアセンター, 2012年6月11日
 -- ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"並列プログラミング入門"}
 
 - 京都駅前セミナー, キャンパスプラザ京都, 2012年4月20日(金)
 -- ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"ランダム群集モデルの統計力学"}(招待講演)
 
 - 生態系モデルと数学的手法, 岡山大学環境理工学部, 2012年2月18日(土)
 -- ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"種個体数分布の理論:ランダム群集モデルと中立モデル"}(招待講演)
 
 
 - 生態系の数学的研究に向けて, 広島大学理学部数学専攻, 2012年2月3日(金)-4日(土)
 -- ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"ランダム群集モデルの統計力学"}(招待講演)
 
 COLOR(#888888){2010年}
 - 京都大学数理解析研究所研究会「第7回 生物数学の理論とその応用」,2010年11月16日(火)-19日(金)
 -- 杉浦正康, ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"相互作用が適応的に変動する生態系の多様性について"}    
 
 COLOR(#888888){2009年}
 
 - 京都大学数理解析研究所研究会「生物現象に対するモデリングの数理」,2009年12月7日(月)-11日(金)
 -- ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"中立モデルの新展開"}(招待講演)         
 
 - 2009年度物理学科縦断合宿,ブランナールみささ,鳥取県東伯郡三朝町,2009年9月25日(金)-26日(土)
 -- ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"非線形な世界・パターン・砂丘"}
 
 - 「流通と理学に関する研究会」第1回研究会,東京大学 山上会館,2009年9月14日(月)
 -- ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"多様なものの量の変動や流れをどう扱い,どう理解し,どう制御するか?"}(招待講演)
 
 - 疎結合系の統計物理, 北海道大学 学術交流会館, 2009年2月20日(金) - 22日(日)
 -- ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"ランダム群集モデル"}(招待講演)
 
 - GCOE連続講義「Advanced Mathematical Sciences」, 明治大学生田キャンパス, 2009年2月17日(火)
 -- ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"Statistial Mechanics of Biological Networks"}(招待講演)
 
 - 第5回「生物数学の理論とその応用」, 京都大学数理解析研究所 420号室, 2009年1月13日(火) - 16日(金)
 -- Masanori Sugiura, Luca Dall'Asta, Tobias Galla and ''Kei Tokita'', COLOR(#a63d21){"Incoherence-coherence transition in the replicator-mutator equation with random interactions"}(口頭)
 
 COLOR(#888888){2008年}
 
 - 「階層構造の科学+現象数理学」研究会,ホテルニューアカオ,2008年11月30日(日) - 12月1日(月)
 -- ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"生物・社会ネットワークの統計力学"}(招待講演)
 
 - 第2回ACPワークショップ「生物・生態系の統計力学」, 東京大学本郷キャンパス工学部6号館大会議室, 2008年6月17日(火) [[Go:http://bopper.t.u-tokyo.ac.jp/ACP/2008/06/17/workshop.ja.xml#information]]
 -- ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"ランダム群集モデルの統計力学"}(招待講演)
 
 COLOR(#888888){2007年}
 
 - 第2回SIG-NAC講演会型研究会「計算を考える」,  同志社大学 京田辺キャンパス 香知館 2F (KC 215) ディスカッションルーム, 2007年11月10日(土)  [[Go:http://www.chem.nagoya-u.ac.jp/pipermail/cpml/2007-October/001614.html]]
 -- ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"ランダム群集モデルにおける種の豊富さのパターン"}(招待講演)
 
 - ランダム行列勉強会, 東京工業大学すずかけ台キャンパス, 横浜市, 2007年11月8日(木)-9日(金) [[Go:http://dex-smi.sp.dis.titech.ac.jp/DEX-SMI/Members/kabashimaY/30e930f330e0884c521778147a764f1a]]
 -- ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"ランダム群集モデル"}(招待講演)
 
 - 第4回生物数学の理論とその応用, 京都大学数理解析研究所, 京都市, 2007年10月29日(月)-11月2日(金) [[Go:http://www.ems.okayama-u.ac.jp/ems_2/kajiwara/sympo/seibutsu.html]]
 -- 吉野良美,Tobias Galla,''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"ランダム非対称相互作用レプリケータモデルの個体数分布"}(口頭)
 
 -国際高等研究所 研究会「生物進化の持続性と転移」,国際高等研究所,2007年9月24日(月・祝)-25日(火)
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"Species abundance distributions in replicator dynamics with random interactions"}(招待講演)
 
 COLOR(#888888){2006年}
 
 - 日本ソフトウェア科学会ネットワークが創発する知能研究会第2回ワークショップ, ニュー阿寒ホテル, 釧路市, 2006年9月27日(水)-29日(金)  [[Go:http://www.ai.sanken.osaka-u.ac.jp/ndei/index.php?cmd=read&page=JWEIN06]]
 -- 杉浦正康,''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"HIV抗原多様性ネットワーク"}(口頭)
 
 - 第12回創発システムシンポジウム「創発夏の学校」 計測自動制御学会,インテック大山研修センター,富山市, 2006年8月18日(金)-20日(日)  [[Go:http://www.yano.riec.tohoku.ac.jp/ess06/index.html]]
 --吉野好美,''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"Dale型非対称ニューラルネットワークモデルにおける空間構造の効果"}(ポスター)
 
 - Mini-Symposium: Recent Topics in Theoretical Evolutionary Ecology, 京都大学生態学研究センター, 2006年3月9日(木)  [[Go:http://www.ecology.kyoto-u.ac.jp/english/activities/images/Nowak_Sympo_abs.pdf]]
 -- ''Kei Tokita'' COLOR(#a63d21){"Evolutionary and ecological origin of the Zipf's law"}(招待講演)
 
 -新しい数学を造ろう "Mathematical aspects of molecular biology" Towards new constructions, けいはんなプラザ, 2006年1月20日(金)-23日(月)  [[Go:http://www.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/~okado/news.html]]
 -- ''時田恵一郎'' &color(#a63d21){"Zipfの法則の特異性とその進化的・生態学的起源"};(招待講演)
 
 COLOR(#888888){2005年}
 
 - 第2回生物数学の理論とその応用, 京都大学数理解析研究所, 2005年11月21日(月)-25日(金) [[プログラム:http://www.sys.eng.shizuoka.ac.jp/~takeuchi/biomath05/Biomath05.pdf]]
 -- ''時田恵一郎'', 入江治行 COLOR(#a63d21){"島の生物地理学とZipfの法則"}(口頭)
 
 -早稲田大学 理工学部/大学院理工学研究科 講演会, 55-2物理・応物会議室,2005年10月24日(月)
 -- ''時田恵一郎''  COLOR(#a63d21){"Zipf則の特異性とその進化的・生態学的起源"}(招待講演)  [[Go:http://www2.sci.waseda.ac.jp/lecture/lecture_list.php]]
 
 -第11回創発システムシンポジウム「創発夏の学校」 計測自動制御学会,インテック大山研修センター,富山市, 2005年8月19日(金)-21日(日)  [[Go:http://www.myk.dis.titech.ac.jp/ess05/]]
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"大規模生物ネットワークの数理 −社会的システムのモデルとして−"}(招待講演)
 
 -国際高等研究所 研究会「ダイナミックスからみた生命的システムの進化と意義」,国際高等研究所,2005年6月1日(水)-2日(木)
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"複雑で安定なシステムが進化する条件とは何か?"}(招待講演)
 
 -東京大学大学院 情報学環(駒場) 対話による複雑系研究会(第1回) ,東京大学駒場キャンパス 情報教育棟4階 遠隔講義室,2005年4月27日(木)
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"複雑性ー安定性論争:複雑系を安定化する本質的な要因は何か?"}(招待講演)
 
 -一橋ゲーム理論ワークショップ,一橋大学佐野書院,2005年3月6日(日)-8日(火)
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"大自由度ランダムゼロサムゲーム力学系における多戦略の動的共存と分布関数"}(口頭)
 
 COLOR(#888888){2004年}
 
 - 横浜国立大学21世紀COEプログラム「生物・生態環境リスクマネジメント」公開講演会, 2004年12月20日(月)
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"種の豊富さのパターンの理論"}(招待講演)
 
 - 日本バイオインフォマティクス学会 生物情報ネットワーク研究会 「遺伝子・代謝ネットワークの構造と動的挙動の解析」,東京大学医科学研究所,2004年12月16日(火)
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"大規模生物ネットワークモデルにおける多様性、複雑性および安定性"}(招待講演)
 
 -情報処理学会 数理モデル化と問題解決研究会 「複雑系の科学とその応用」名古屋大学, 野依記念学術交流館, 2004年10月26日(火)-27日(水)
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"大規模生物ネットワークの多様性、複雑性および安定性"}(口頭)
 --入江治行, ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"ベントスの個体数分布のデータ解析と数理モデル"}(口頭)
 
 COLOR(#888888){2003年}
 
 -京都大学数理解析研究所研究会「生物数学の理論とその応用」 京都大学, 数理解析研究所, 2003年11月29日(月)-12月3日(金)
 --入江治行,''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"ベントスの種個体数分布と種数面積関係"}(口頭)
 
 -DNAコンピューティング研究会,早稲田大学教育学部(西早稲田キャンパス)14号館 8階 802室,2003年4月25日(金)
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"大規模進化力学系における多様性維持のメカニズム"}(招待講演)
 
 - 研究会「生命科学におけるInformaticsとMathematics」基礎生物学研究所,2003年3月11日(火)-12日(水)
 -- ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"複雑なネットワークのトポロジーとその起源"}(招待講演)
 
 - 広島大学 情報メディア教育センター講演会, 2003年3月4日(火)
 -- ''時田恵一郎''  COLOR(#a63d21){"大自由度進化力学系における複雑性、多様性および安定性"}(招待講演)
 
 COLOR(#888888){2002年}
 
 -地域生態系プロジェクト研究集会, 大阪女子大学, 2002年12月14日(土)-15日(日)
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"捕食・被捕食関係が維持する安定性・多様性"}(招待講演)
 
 -北大電子研 研究集会 「チュートリアル  非線形現象の数理アプローチ 」, 北海道大学電子科学研究所, 2002年2月21日(木)-22日(金)
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){”大自由度生態学モデルについて”}(招待講演) 
 
 COLOR(#888888){2001年}
 
 -「複雑な多谷ポテンシャル上で生起する動力学的諸問題第2回」, 奈良女子大学, 2001年11月
 --''時田恵一郎'', COLOR(#a63d21){“「はい、複雑な生態系が安定な場合はあります 〜May のパラドックスへの解答〜」”}(招待講演)
 
 -個体群生態学会, 山形蔵王, 2001年10月26日-28日
 --''Kei Tokita'' and Tsuyoshi Chawanya, COLOR(#a63d21){"Sympatric coexistence condition in a large community with complex interactions"}(poster)
 
 -計測自動制御学会第23回システム工学部会研究会 「オープンダイナミックスの諸相, 慶応大学理工学部, 2001年6月1日-2日
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"「はい、複雑な生態系が安定な場合はあります」 --30年来の「生態学のパラドックス」への解答--"}(招待講演)
 
 -京都大学基礎物理学研究所ワークショップ「大自由度進化モデルの力学系研究」, 京都大学基礎物理学研究所, 2001年3月12-14日
 --''時田恵一郎'', COLOR(#a63d21){"多様性のダイナミクス"}(企画・運営・口頭)
 
 -第4回「シミュレーション・サイエンス・シンポジウム」 及び核融合科学研究所共同研究「大型シミュレーション研究」合同研究会,核融合科学研究所,2001年2月15日-16日
 -- ''時田恵一郎''  COLOR(#a63d21){"Protein Design by a Low-cost Beowulf-type PC Cluster System"}(招待講演)
 
 COLOR(#888888){2000年}
 
 -「複雑な多谷ポテンシャル上で生起する動力学的諸問題 -力学的決定性と統計性の中間領域を探る-第1回」, 奈良女子大学理学部, 2000年11月13日-14日
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"蛋白質のデザインおよび進化:生命と物質の間のボトルネックを抜ける"}(招待講演)
 
 - 第6回創発システム研究交流会講演会, 大阪大学コンベンションセンター, 2000年10月28日
 -- ''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"蛋白質設計に対する力学的アプローチ"}(招待講演)
 
 -第3回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2000), ラフォーレ修善寺, 2000年7月17-18日
 --''時田恵一郎'', 菊池誠, 伊庭幸人, COLOR(#a63d21){"タンパク質設計に対する力学的アプローチ"}(口頭)
 
 -第44回 システム制御情報学会(SCI2000), 京都テルサ, 2000年5月16-18日
 --''時田恵一郎'', COLOR(#a63d21){"創発システムの設計原理 -- 協同現象を利用するために --"}(口頭)
 
 -第20回 計測自動制御学会システム工学部会研究会「人工生命の新しい潮流」, 名古屋大学 大学院人間情報学研究科棟, 2000年2月11日(金),12日(土)
 --''時田恵一郎''・安冨歩, COLOR(#a63d21){"絶滅、侵入および中立突然変異を通じたモデル生態系の進化"}(口頭)
 
 COLOR(#888888){1999年以前}
 
 -第44回物性若手夏の学校, 1999年8月
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"複雑系からみた生命と認知の問題"} (講師)
 
 -第41回物性若手夏の学校
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"進化の問題を(統計)力学の立場から考える"}(欠席;m(__)m)
 
 -分子科学研究所研究会『ポリマー・生体系の分子科学』, 1996年
 --''時田恵一郎'', COLOR(#a63d21){"蛋白質折れたたみのスピングラスモデル"}(招待講演)
 
 -「複雑系2」, 京都大学基礎物理学研究所, 1993年
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"From the SK model to Protein Foldings"}(招待講演)
 
 -「複雑系」, 京都大学基礎物理学研究所, 1992年
 --''時田恵一郎'' COLOR(#a63d21){"大域結合系の多重谷構造"}(招待講演)
 
 -1st NOLTA Workshop on Nonlinear Dynamical Theory of Adaptively Learning Systems, Kyoto, Japan, January 17 (1991)
 --''時田恵一郎''・相沢洋二, COLOR(#a63d21){"ニューラルネットの統計力学"}(招待講演)

  トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS