Pukiwiki official

書き込み認証をかけてWikiを個人ウェブのオーサリングツールに使うというのは、もともとの(誰でも書き込めるという)理念には完全に反しているのですが、スクリプト(PHPなど)を使ったレイアウト・デザインは、頻繁に更新されるメニュー管理には(フレームは使いたくないので)必須とも言えるので、Wikiを個人ページの管理に使って、スクリプトやスタイルシートを自分用に改変していくというのは、実は良いことだなぁと感じています.

Pukiwikiは豊富なプラグインを使っていろいろ拡張できるところがよいですね.掲示板(article.inc.php)、コメント入力フォーム(pcomment.inc.php)、投票(vote,inc.php)、トップアクセス数(popular.inc.php)、最近変更されたページ一覧(recent.inc.php)、Latex数式入力(math.inc.php)など優れた「一行野郎」ならぬ「一発野郎」が充実しています.いろいろPC Blogsなどでは、bookmark.inc.phpというweblog取り用のプラグインをちょこっと改変して使っています.URLを入れるとタイトルを自動で取得してリストに加えてくれます. RSSフィードも勝手にやってくれます.これらを使うためだけに、個人ページをPukiwikiで編集する価値があると思います.
















© Copyright 2013 Kei Tokita, Powered by Pukiwiki.  Last-modified: Sun, 23 Jun 2013 13:50:21 JST (2366d)   リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS