日本数理生物学会

  • 第27回数理生物学会年会, 北海道大学,札幌市,2017年10月6日(金)- 8日(日)
    • 長瀬久在・時田恵一郎, "大陸島嶼生態系の二次元格子中立モデル" (Oral)
  • 2013年 年会 静岡大学,2013年9月11日(水)-13日(金) Go
    • 大浦健志・時田恵一郎 "中立性をゆるめた空間明示中立モデル” (Oral)
  • 2012年 年会,岡山大学,2012年9月10日(月)-12日(水) Go
    • 時田恵一郎 "適応的な相互作用変動が生態系を安定化・多様化させる” (Oral)
    • 大浦健志・小渕智之・時田恵一郎 "(p+r)体相互作用レプリケータ方程式” (Oral)
  • 2009年 年会,東京大学, 2009年9月9日(水)-11日(金) Go
    • Masanori Sugiura and Kei Tokita "Diversity and transition in the random replicator-mutator equation"
  • 2008年 年会,同志社大学,2008年9月16日(火)-18日(木) Go
    • Kei Tokita "Random matrix theory: a review and new results" (Organized symposium, oral)
    • Masanori Sugiura and Kei Tokita "ランダム相互作用を持つレプリケータ・ミューテータ方程式におけるコヒーレンスの転移"(Poster)
JSMB2006 Poster
  • 2006年 年会 (韓国数理生物学会KSMBと共催),九州大学,2006年9月16日(土)-18日(月) Go Program PDFポスターfileJSMB06Poster.pdf
    • Masanori Sugiura and Kei Tokita "Dynamics of HIV antigenic diversity and asymptomatic interval"(Poster)
    • Kei Tokita "Species abundance distributions, the species-area relationship and the Zipf's law"(Organized session, oral)
    • Yoshimi Yoshino and Kei Tokita "Stochastic Dynamics of Dale-type Asymmetric Neural Networks''(Poster)
  • 2005年 年会,横浜国立大学, 2005年9月15日(木)-17日(土)
    • 時田恵一郎・入江治行 "Zipfの法則の進化的・生態学的起源"(口頭)
  • 2004年 年会,広島大学 学士会館, 2004年9月22日(水)-25日(土)
    • Kei Tokita "Diversity Dynamics in Complex Ecological Networks"(Invited)
    • 入江治行・時田恵一郎 "ベントスの種数時間面積関係"(口頭)
  • 2003年 年会,奈良女子大学, 2003年9月20日(土)-22日(月)
  • 2002年 年会,北海道大学 水産科学研究科(函館), 2002年9月19日(木)-21日(土)
  • 2000年 年会,静岡大学 工学部,佐鳴会館,,2000年10月12日(木)-14日(土)
    • Kei Tokita "Dynamics of diversity: Take the "A" train to the realm of biodiversity"(口頭)

© Copyright 2013 Kei Tokita, Powered by Pukiwiki.  Last-modified: Sun, 10 Dec 2017 23:55:23 JST (619d)   リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS